FC2ブログ

行政書士の1答2。

中央大学真法会編 新司法試験短答式公法系問題集から引用します。


新司法試験、平成19年度第37問を例にしますと、


行政事件訴訟法上の取消訴訟に関する次の各記述について、法令及び最高裁判所の判例に照らし、それぞれ正しいか、誤っているか、答えなさい。

国家公務員に対する停職の懲戒処分がされた後、その処分について人事院に対する審査請求がされ、人事院が処分の内容を減給に修正する裁決をした場合には、原処分ではなく、裁決の取消しを求めなければならない。

(参照条文) 国家公務員法

第92条 第1項・・・(前略)・・・調査の結果、処分を行うべき事由のあることが判明したときは、人事院は、その処分を承認し、又はその裁量により修正しなければならない。


誤り。

最判昭62・4・21は、「一般職の国家公務員に対する懲戒処分につき、人事院の修正裁決があった場合には、原処分は、当初から修正裁決による修正どおりの法律効果を伴う懲戒処分として存在していたものとみなされることになるものと解すべきである。」としており、よって、取消訴訟は修正裁決でなく、原処分に対して提起すべきである。

したがって、裁決の取消しを求めなければならないとする本肢は、誤っている。









こちらに高卒、偏差値30の人が独学で宅建に合格した
 ▼         試験勉強の方法が書いてあります。

http://www.muryoj.com/get.php?R=12098

ぜひ、ご覧になってください。



こちらに高卒、偏差値30の人が独学で行政書士に合格
 ▼ した試験勉強の方法が書いてあります。

http://www.muryoj.com/get.php?R=12099
ぜひ、ご覧になってください。


ブログアフィリエイトで日給8万円 ブログとメルマガ、情報商材のアフィリエイトで、3ヶ月で月収30万円を稼ぐ仕組みを作る動画による手順マニュアル-販売ページに無料で入手する方法が書いてあるのは秘密



スポンサーサイト



テーマ : 資格取得
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shikakugoukaku

Author:shikakugoukaku
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR