FC2ブログ

行政書士の1答。

解答の解説は、伊藤塾編 司法書士過去問 民法から引用します。


実際に例に出しますと、平成19年度第11問の問題ですが、


留置権に関する次の記述のうち、正しいか、誤っているか、答えなさい。


留置権は、留置物の滅失によって債務者が受けるべき金銭その他の物に対しても、行使することができる。


誤りです。


留置権は、目的物を留置することで間接的に弁済を促す権利であって、留置物の交換価値を把握するものではないから、留置権には物上代位性がない。

したがって、目的物の滅失によって債務者が受けるべき金銭その他の物に対して権利を行使することはできない。





こちらに高卒、偏差値30の人が独学で宅建に合格した
 ▼         試験勉強の方法が書いてあります。

http://www.muryoj.com/get.php?R=12098

ぜひ、ご覧になってください。



こちらに高卒、偏差値30の人が独学で行政書士に合格
 ▼ した試験勉強の方法が書いてあります。

http://www.muryoj.com/get.php?R=12099
ぜひ、ご覧になってください。


ブログアフィリエイトで日給8万円 ブログとメルマガ、情報商材のアフィリエイトで、3ヶ月で月収30万円を稼ぐ仕組みを作る動画による手順マニュアル-販売ページに無料で入手する方法が書いてあるのは秘密










スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

行政書士の問題。

解答の解説は、伊藤塾編 司法書士過去問 民法から引用します。 実際に例に出しますと、平成19年度第11問の問題ですが、 留置権に関する次の記述のうち、正しいか、誤っているか、答えなさい。 留置権は、留置物の滅失によって債務者が受けるべき金銭...

行政書士の問題2。

解答の解説は、伊藤塾編 司法書士過去問 民法から引用します。 実際に例に出しますと、平成19年度第11問の問題ですが、 留置権に関する次の記述のうち、正しいか、誤っているか、答えなさい。 留置権者は、留置物から生ずる果実を収取し、他の債権者に...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shikakugoukaku

Author:shikakugoukaku
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR